葉酸は妊婦に必要な栄養素

ウーマン

妊娠の際に重要な栄養素となる葉酸

妊娠期の栄養として、一番欠かせないといわれているものが葉酸です。葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、主に新陳代謝に大きく作用してきます。葉酸はたんぱく質や核酸の合成に働きかけることによって、細胞の生産などを補助し、体内にいる胎児の育成に大きく貢献してくれます。核酸はいわゆる細胞の核のようなもので、生命の根幹となるものです。そのため、赤ちゃんの新しい細胞を作る必要がある妊娠期の母体については、必要不可欠となります。この葉酸がふそくしてしまうと、胎児に先天性の疾患をまねいてしまう可能性があります。また、出産後の授乳期にも必要な栄養素となっており、不足することによって赤ちゃんの発育に遅れを及ぼしてしまうことがあります。葉酸は過剰摂取することによって悪影響を及ぼす栄養素ではなく、また過剰に摂取したとしても水溶性ビタミンである葉酸は尿として排出されます。日々の食生活でしっかり葉酸を補給していけるようにしましょう。

葉酸が多く含まれる食べ物を摂取しよう

葉酸は、主にほうれん草やモロヘイヤなどの緑黄色野菜や、わかめや海苔などの海藻類にも多く含まれています。また、果物にも葉酸が多く含まれる果物があり、中でもいちごは他の果物よりも多くの葉酸が含まれています。しかしながら葉酸は熱に弱いため、熱処理をしてしまうと葉酸が減少してしまい、効率よく摂取出来なくなってしまいます。なるべく加熱をしないで摂取する工夫をしたり、食事以外にも葉酸が含まれたサプリメントを併用したりするなどして葉酸をしっかり身体に取り入れていきましょう。