流産を防ぐ着床前診断

夫婦

着床前診断で流産の可能性を防ぐ

受精卵は、妊娠する前の段階で赤ちゃんが男の子か女の子か、染色体や遺伝子の異常があるかないかなどを判断することができます。受精卵が着床することで妊娠が成立しますが、着床する前に診断をおこなうことができ、これを着床前診断といいます。
着床前診断の主な目的としては、妊娠成立後の初期段階で流産してしまう可能性を下げるためです。流産の原因の多くは受精卵の染色体異常と言われていますが、着床前診断ではこの染色体に異常がないかどうかを判断し、以上のない受精端を着床させることによって流産を未然に防ぐことができます。結果が出るまでは数ヶ月ほどかかる場合があります。また、受精卵の段階で生まれてくる赤ちゃんが男の子か女の子かといった性別を確認することが可能になりますが、日本では国内での着床前診断による男女の産み分けは、性別で命の選択をすることになりかねないといった倫理的な理由から禁止されています。

着床前診断の検査方法と注意事項

着床前診断は受精卵を取り出して診断するため、体外受精が必須となってしまいます。女性と男性からそれぞれ卵子と精子を採取し、人的に受精をさせて着床前診断を行い、問題がないことを確認できれば受精卵を子宮に戻して着床を待つといった方法となります。しかしながら、この方法が100%の確率で妊娠ができるわけではありません。一般的に体外受精による妊娠確率は30%前後とも言われています。また、誰でも受けられるといったわけではなく、対象となる人は担当医に着床前診断が必要だと判断された人のみとなります。